代表取締役 挨拶

ご挨拶

 

弊社は、2014年6月5日に合同会社VICodeを立ち上げ、2017年1月18日に株式会社VICodeとして組織変更を行い、現在に至っております。

VIcodeは、「無機質なコードから感性ヴィジュアルコードへ」の確立をする為、世界標準を目指す企業として立ち上げました。

 

VIcode=Visual Identity Codeの略=視覚的統合のコードを意味します。
「視覚」による情報の認知度は、60%以上〜90%と言われています。

従来のバーコードやQRコード等の記号表記をヴィジュアル化することで、世界中の人々が分かりやすく視認性・認知度を高めます。

 

過去の実績として、ヴィジュアルの本質に迫るトイレマークや非常口のマークなど、ピクトグラムの運動を行ってきたことで、文字表記情報または記号表記をヴィジュアル化することは、言語や宗教や政治を越え世界中の人々が、「情報の入り口を視覚でデザインする」見てわかる本質をVIcodeとして開発してまいりました。

 

現在、より高度な次世代システムの開発を行っており、VIcodeサービスからVIcodeシステムへ進化することで、いよいよ世界標準に向け、全世界の人々が使用できるよう鋭意努力をしています。

 

もともとはデザイナーである私は、1995年〜1996年以降より、一次元コードや二次元コードがついたパッケージ、パンフレットやポスターなどに記載されている、無機質な記号表記に変わり、ヴィジュアルそのもので情報の入り口が構築できないかと常に考えていました。

 

Googleは「言語と言語」、Facebookは「人と人」からスタート。
VIcodeが世界中の人々に使用されることで、「画像と画像」がリンクし、感性ヴィジュアルコードへと進化して世界標準を目指していきます。

代表取締役 社長

​溝部達司

Copyright©︎2020 VICode.Co.Ltd. All right reserved.

VIcode及びヴィジュアルコードは株式会社VICodeの登録商標です