沿革

創立

2012年にカラーコードのヴィジュアル化を目標に開発を開始

開発期間 約2年6ヶ月を経て、新規カラーコードの開発に成功

新規開発カラーコードをVIcode(ブイアイコード)と命名

その後、2014年6月に合同会社VICodeを設立

2014年

合同会社VICode設立

​VIcodeアプリの開発を開始

​VIcodeを特許申請

​6月

​7月

2015年

​スタンプラリーアプリの開発を開始

お茶の水楽器祭における実証実験を実施

​5月

​10月

2016年

VIcodeサービスの販売を開始

​浅草商店街マップ ガイドブック等での導入

毎日新聞社「生きる」イベントにて導入

​大型施設での導入(カヌチャリゾート)

​1月

​5月

​10月

2017年

株式会社VICodeに社名変更

福井県農林水産部での導入

アキハバラ観光協会等、地域活性化企画での導入

インバウンド向け多言語対応の開発

カヌチャベイホテルでの再導入

​アクアバンク社での導入

千葉県柏市での導入

神奈川県横浜市 隣花苑「おいしい福井の会」にて導入開始

​1月

2月

3月

​5月

6月

 

​10月

11月​

2018年

福井国体での導入

福井県の農家民宿への導入

3月

2019年

重要無形文化財 総合認定保持者 能楽師 大倉正之助による導入

本社を神奈川県横浜市から東京都新宿区に移転

次世代VIcodeの開発を開始

茨城国体のオフィシャルサポーター

及び公式キャラクターのVIcode化

​3月

​7月

​8月

Copyright©︎2020 VICode.Co.Ltd. All right reserved.

VIcode及びヴィジュアルコードは株式会社VICodeの登録商標です